(2019初夏 中国吉林省一人旅 『満洲国の首都新京』長春)旅行

めての海外一人旅も怖くない!”近代都市中国に出かけてみよう♪

参考程度に思って頂ければと思いますが。私の住んでいる熊本県には阿蘇に立派な熊本空港があります。近年はこの空港の民営化などの話題で、熊本県民を賑わいている空港です!田舎の空港なので駐車料金などは安いのですがもう少し国際線の利便性やLCC航空の執着本数を増やして欲しいのが県民の本音かと思います。それと、欲を言えばもう少し県庁所在地に近いところを空港にしてほしかったな・・・。

熊本空港より福岡空港

福岡空港国際線乗り場

それでは、いよいよインターンで出会った友人の待つ中国<吉林省>へと旅に出たいと思います。今回利用する空港は上記でも申し上げた理由の通りで、今回は九州では一番便利のいい福岡空港にお世話になります。基本的には、国内旅行も海外旅行も福岡空港から出発しています。初めて福岡空港を使った時には大きいと思いまたが、国内外たくさんの空港を利用するようになると手馴れてきました!!今年の2月8日に友人と上海→南京→杭州旅行にいったのでそれ以来の国際線乗り場です。今回の旅は一人での往復なのすでに、福岡空港から緊張してきました。。。。まずは、チェックインカウンターに並び発券していきます。

振り返ってみれば超簡単だし何も緊張する必要はなかったですが、ここからドキドキMAX (^^)まぁ、何事もなく無事に発券終了し荷物検査→出国の手続き的なの終了。あとは、出発カウンターで時間つぶしながら待ちます。免税店などあまり興味はないので殆どみませんでした。

優雅な出発ゲート

出発ゲートでは簡単な軽食を販売していたのでこの日何も食べていなかった私は、朝ごはんにサンドイッチと生ビールを一杯のんでいざ、飛び立ちました( ◠‿◠ )海外行きの飛行機にいざ一人で乗る前は、一人だと寂しいのかなとか上海ついたらついに一人ぼっちだからそこから地獄の始まりなのかな。。。。とか、考えまっくていました。でも、飛行機飛ぶ前から爆睡・とんでも爆睡実際、飛行機の中が一番何も考えずに安心できる空間だったんだなーと今考えても思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする