(2019初夏)中国長春一人旅『満洲国新京』とは一体どんな所。

中国の友人を訪ねての旅も福岡空港を旅立って早2時間と少し。とうとう異国の上海国際空港に到着しました( ^ω^ )機内では爆睡していたので、空港に着いてからは思っていた以上に元気でした。今でも飛行機での睡眠を経験したことはあったのですが、私はこれまで飛行機で寝るのは特ではありませんでしたが今回はなぜか非常に良く眠れ自分自身驚きました。

上海での入国審査開始!

まず外国人用の機械でパスポートを審査して。次に列に並び、対人での入国審査でした!事前に入国カード等記入済みだったので、まったくトラブルなく簡単に入国する事ができました。入国してすぐ、現地のお金を持っていなかったので空港内の銀行のような所で換金し中国のお金をゲットして、トランジットの為に上海空港国内線のりばへと行きました。ここで国内線乗り換えの待ち時間が4時間と微妙な待ち時間なのでとりあいず搭乗カウンターを確認し免税店を少しみて、お昼ご飯のお店を探し始めました。お昼ご飯のお店は空港の端っこにあった日本で言う定食屋のようなところに決めました。ここで、予想もしていなかったトラブルが発生!!!!!しかも、二つも後に大変ドキドキすることに発展致します。。。。。。一つ目は定食屋さんで食事を頼み、待ち時間も長い事ですし天気も非常に良かったので瓶の青島ビールを注文したのですが受付で受け取るシステムで定員さんと呼吸が合わず冷たく冷えた美味しそうなビールが受付のパソコンの上へと落下し。。。。。パソコンがびしょびしょになってしまいました_:(´ཀ`」 ∠):

これはー申し訳ない事をしてしまった、はたしてどうなるんどろうと思いましたが、店員さんが気にすることは無いと言ってくれて無事昼食をとることができました( ^ω^ )前回の中国旅行で、中国の料理の味付けは僕は当初とても苦手でしたが前回でだいぶんなれたのか、今回は昼食も美味しく頂く事ができました!

長い長い上海空港でのトランジット

そして、禁煙失敗中の僕は長い長いトランジットタバコを吸う事ができるのかと思いネットで上海喫煙所で検索したところ何度も上海空港を使われている方のブログに丁寧に画像つきで紹介されていました。現在の変更無ければ良いなーと思い、情報を頼りに喫煙所に行くことができました。上海空港の喫煙所の<ライターは据付>で誰でも自由に使う事ができるようになっていました出発の際に手荷物のライターは没収されていたので非常に便利でした!!!

それでは、次はいよいよ吉林省・長春市到着めくるめく3日間を書いていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする