(2019初夏)中国一人旅東北地方での名物料理。今中国に行って欲しい理由

 

それではお待ちかね、長かった飛行機の旅も終わりを告げようやく中国の長春国際空港に到着いたしました。途中機内でみた長春まじかの光景は山ばかりで本当に町などあるのか。。。とんでもない所に到着したのでは無いか、もしかして乗る飛行機を間違えてしまったのでは無いか、など頭の中を様々な不安がよぎりました笑笑笑

初めての長春国際空港に到着

実は、機内からの画像や長春空港到着時の画像など何枚かあったのですが思うように伝わる画像ではなかったのでいきなり中国東北の名物料理写真から紹介致します!”

長春までの1日の移動の流れはこうです。

STEP①  熊本から福岡空港へ移動
STEP②  福岡空港より上海国際空港
STEP③  上海国際空港から長春国際空港
STEP④  長春国際空港で友人と合流
STEP⑤  友人とともに長春の街中へ移動
STEP⑥  たくさんの中国人が集まり食事会
STEP⑦  長春空港到着→友人と合流→友人の友人と車で画像のお食事が食べられるお店まで移動しました!
 
 

今回初めの海外、そして日本人は正直抵抗のある国(中国)に一人ぼっちで到着してみて前回同様にまず私が感じたのは「さすがに世界最大の人口なので移動の途中からでも現地の友人たちが数名ずつあつまり画像では分かり難ですが結局10名近い人数でお食事をすることになりました!!!!

日本で言えば簡単な宴会程度の人数すぐに集まるみたいですね( ・∇・)

ここで、友人から贈り物を頂きました。

中国には有名な物や食べ物みなさんご存知のように数多くありますが、友人は私に選んでくれたのは中国のお茶でした。

 

友人の話では、中国では大学などにはお茶を飲むためだけの施設があり、学生は誰でも何種類ものお茶を友達

と入れて楽しむ事ができるそうです。

中には、漢方薬系のお茶もあり、日本でも最近言われている

未病に<病気ではないのだが、このまま放置しておけばいずれ病気になる症状>効果的な茶なども選ぶことができるそうです。

今回は友人から頂いたお茶は、少し豪華な工芸茶をいただきました。

↓が実際の茶です、時間とともに花が咲き味が完全になくなるまでなんども入れて楽しむ事ができます!!

これは、日本に帰って入れて見た実際の茶ですが最初の一杯目は時間とともに味が濃ゆくなっていきます。なので半分ほど減った時点で

お湯を継ぎ足しながらかなりの時間をかけて楽しむことができました。

さて、お土産の説明が長くなりましたが最初の夜の晩餐会もスタートします( ・∇・)

お土産をいただきしばらくは、中国の友人の友人の到着を待ちながらたくさんのビールが運ばれてきたり

大きな鍋の火加減の調節に定員さんが何度か来たりしていました。

その時に気付いたのですが、この東北伝統料理は本格的で本物の炭火を使って加熱していました。火加減の調節が非常に大変そうですが慣れれば問題ないのかもしれませんね。

日本では、近頃よほどに拘った炭火焼のお店などでしか炭火焼をみる事はなくなり結構新鮮な感じがしました。

で、、、肝心の料理の写真を撮り忘れてしまったのですが

この日食事会に参加するメンバーが揃い、ビールで乾杯し鍋料理を食べ始めます!

内容的には

 

豚のスペアリブとトウモロコシなどの野菜を甘辛いタレで炊き込んだ料理でした。

そこに、ナンのような味のないパンのようなものが運ばれて来ましてこれを鍋のタレにつけてご飯の代わりのようにして食べます

。これは、非常にボリュームがあるのでビールと重なりすぐにお腹が膨れます。

この時私は、鍋の中にトウモロコシを発見しました!!!

中国一人旅の前にサーチした情報によると

中国に旅行に行った方のブログにトウモロコシは味がないと書かれていたのですが

味が無いの意味がよくわからず、どんな感じなのか興味津々で一口食べて見ました。

・・・・。

・・・・・・。

・・・・・・・・。

本当に味が全くなくて・・・・。感覚で言えばゴムを食べているような。本当に香りや風味や、んー

全く何もない。無の食べ物になっていました。

日本のお米は主食として他を邪魔する程の強烈な味はないですかほんのりと甘く風味も有るものがほとんどだと思います。

しかしこのトウモロコシは何もない。

もしかすると、水よりも何も味がない食べ物だったんではないかと今でも思います。

育て方や収穫じきなどが、日本の物とは全然違うのでしょうね。

こうして考えると日本の農家さんは本当にすごい!

全ての食品をを完璧に作っているなと改めて思いました。

しかしトウモロコシよ見た目はそっくりなんだが、なぜ中国のトウモロコシは味を失って育ってしまったのか・・・・・・。

それから、メインの豚肉をいただきました。

豚肉にはしっかりと下味もついていており大変美味しかったです( ^ω^ )

日本でいうスペアリブの部分を食べました。

このお店入店時いや中国到着時から思っていたのですが平日からどこの飲食店もお客さんでかなり混雑しています。そして賑やかです!

料理にビール各お酒が目の前を大量に運ばれていきます。

日本のいろいろな都市に遊びにいきますが、ど平日の飲食店や歓楽街はここ中国に比べると活気がなくほとんど週末メインのようなん雰囲気ですがやはり世界最高の人口は違いますね。

駐車場も店内も人人人でどこのお店もかなり繁盛しているんでしょう!!

そして、食事も終わり来中前から友人にお願いしていた長春の夜市に行きたいというお願い。

叶えてもらいました!!!!

友人の彼女の友達に運転してもらい。よくインスタにも上がっている長春の夜市へ向かいます。

移動中は中国語で楽しげに皆んな会話しています。

途中、友人の一人が立ちションしに車を降りました。

おそるべし中国wwwwwww。

車で移動すること20分ほどで、目的の夜市に到着しました。

ここも、車や人が日本のそれとくらべると何倍も多く非常に活気があり賑やかな雰囲気です。

この夜市がある周辺は、若者や地元の方に人気があるようです。

昼は学生が多く、夜になるとお酒を飲みに大人たちで華やかになるようです。

中国はひと昔前までは、経済的に微妙でしたが今ではGDPも日本抜き世界2位

その実力といわんばかりに、ベンツなど高級車が並んでいます。

羨ましい限りです。

ここで一緒に来ていた友人の一人が私にご馳走したいものが有ると、探しにどこかへ消えて行きました。

その友人を待ちつつも、別の友人にタコの串焼きやスイカ丸ごと変な飲み物を買って貰いました。

どれもまあまあのお味でした。

そして、飲み物にはタピオカ入りミルクティーをご馳走して頂きました。

日本でも最近人気を取り戻していますが、中国ではタピオカ入りのミルクティーが大変人気とのことです。

行列の絶えないチェーン店もあるようですが、夜市では主にそれを模造したお店が繁盛しているようでした。

これは、他の飲食店も似たようなものですが中国ではチェーン展開しているお店で食事をするのはサービスなどきちんとしていますが

個人の同じ内容のお店より少し割高になるようです。

↑長春の友人はそのような事を言っていました、もしかすると中国の他の地域ではまた少し違うのかもしれないですが。

それから、中国の代名詞レンタル自転車の軍団などが通るのでそちらも観察していました。

途中途中で商店の人が道に派手にゴミを捨てるのが日本人としては、非常に気になる所ではあ理ましたが。

そんな中、私が食べたタコ串の竹串を近くのゴミ箱に捨てに行くと一緒に来ていた中国の友人たちが

日本人は本当にこんな感じなんだー的な事を後ろの方でコソコソ話していました。

果物の贈り物頂きました!!

中国にもいい所たくさんあるけど、日本の環境美化精神は少し真似してほしいな^ ^

そんなこんなで、何か買いに言っていた中国の友人が戻って来ました。

なにを買ってきたのかと思っていると

スイカを丸ごと1つプレゼントしてくれました。しかも丁寧にスプーンまで買って来てくれました。

なぜ、スイカ????????

と思ってびっくりしていると。

↓のように説明してくれました。

中国ネット民は日本人が中国旅行に来るのはスイカが安くて丸ごと食べられるからだ~とか言ってるみたいです。

なので友人は冗談はんぶんでスイカの贈り物をしてくれたようです。

わざわざ手が込んでますなー。

しかし、我が日本国の私の地元は日本一スイカで有名。小さい頃から、美味しいスイカを食べまっくて過ごして来ました。

スイカの味にはうるさいですよー

後ほど、ホテルに帰って食べてみましたが、普通に地元のスイカの方が美味しいですね。

しかし、お気遣いに感謝です!!

僕が思うに中国に日本人が旅行に行く理由は

一種のスリルや大陸国家の日本と全く違う文化や飛行機で2時間の全く違う景色を求めてではないでしょうか???

今回で2回目の中国ですが、最初のときは殆ど怖いもの見たさでいきました。

結果的には、空港から何から何まで勉強させていただく旅行になったのですが。

きっかけは何でもいいんではないかと個人的には思っています( ^ω^ )

今回の一人旅は殆ど友人と会う最大の目的のために、渡航を決意した次第です!

さてさて、夕食や夜市を楽しみ程よく街並みを見ながら、本日から中国滞在期間お世話になるホテル

シャングリラ長春国際ホテルに送って頂きました。

大きくて立派で綺麗で期待通りの最高のホテルでテンションMAX

一人初めての海外なので今回は安全をお金で買うという事でかなり豪華な国際ホテルを予約しました。

もしも、万が一にもホテルから出れないような事態になってもほぼ全ての設備が整ってることを何度も日本で確認し予約させて

頂きました。

ところが、ところが自らの管理能力不足で素敵なホテルのフロントでのチェックインがまさかの悪夢に、皆さんは覚えてくれていますか?空港で昼食時トラブルの際の話に後々大変なことになるという話を・・・・・・。あー楽しい(涙)

そう空港でお昼ご飯を食べるためにクレカを提示したのですが何故か使えなっかのです。変だなとは思ったのですが特に気にしていなかったまさかまさか。利用不可な事をここで悟りました。

それも、国内で旅行代金を支払ったこととその前に内容は言えませんがかなりの金額の買い物をしていた事を忘れていたんです。

しかもカード会社の引き落とし日はまだ先でカードの利用枠に空きがありませんでした。

事前に把握して先に振り込みなどの手段を使っていれば、問題なく利用できたのでしょうが。

不覚でした。そして、小市民な自分を心の底から恨みました。。。

カード使えませんホテルデポジット支払えません。金額にして3万円程、このまま野宿になるんだろーなとか一瞬思いました。

いきなり焦りましたが奥の手の日本円を少し多めに持ってきていたのでその場はフロントで換金してもらい

支払うことができました( ^∀^)

本当に現金少し多めに持って来ておいてよかったです。マジで

しかし、中国滞在中の支払いはカードを予定していたので非常に心細おい思いで1日目は終了しました。

次は、中国の友人の懐の深さに感動!!!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする