(人手不足な業界)日本で不人気でも中国の優秀な若者から応募殺到!”

皆さんこんにちは、今年も早いもので7月も中ばに近づき熊本県の大月苑周辺ではセミが元気に泣いています。私、支配人木村は暑さにやられ旅館の片隅で元気に枯れ果てそうです、そんな中!!我らが専務取締役より旅館が所有する旅館以外の看板地や小さな農作物を作る畑の草刈りをご命令頂きました♪( ´θ`)断りたいですが、彼も彼で猛暑の中、旅館中の庭木の剪定を一人でこなしていますので断るわけにもいかず若い身体に鞭打って所有する土地の草刈り業務にでかけた私の夏。。。。草刈機が吠えまくるなか、私の携帯に仲良し業者さんから一本の電話が・・・・。この電話により、我が大月苑新に新参スッタフ現る”””

新元号の発表から初めての夏が熊本にやってきた。

新しく元号が発表されたのはついこの間のことですが、月日が過ぎるのは早いもので今年も7月半ば熊本にも夏がやってきました( ・∇・)大月苑ご利用の常連のお客様はご存知の方も多いかと思いますが、熊本の夏は非常に暑いです!危険なレベルでの猛暑を記録します。

これも常連の皆様はご存知の方も多いかと思いますが、私が勤務する大月苑の駐車場周辺には

セミが大量に発生します。かなり昔からの現象のようですが、本当にこの時期は朝日が登るのと共にセミセミオーケストラの素敵な合唱で朝起きることができます。

目覚ましの必要性は全くありません。お客様も素敵な鳥の囀りではなく、セミセミオーケストラの合唱を朝からお楽しみ頂けます♪( ´θ`)

どうか、暖かい心で見守りください。私が思うに彼らセミがなぜ大量発生するかというと

大月苑にお集いのお客様の楽しげな宴に自分も参加したく集まり、楽しさのあまりついつい声が多きくなり過ぎているのだと思います。笑笑笑

↑この文章は常連の皆様は似たようなものをご覧になったことがあるかと存じます。

私がご用意させて頂きました。!!<内緒ですよ。。。>

去年はテレビの全国放送で高校野球の関係者や学校の体育館での行事の最中に何人もの人が熱中症により救急搬送されている報道が私の記憶に新しい所です。実際私も通常業務をこなすスタッフへ何度もアイスなどの差し入れを行うなど本当に暑さ対策に気を取られたことを思い出しました!

さらには差し入れどころか、一緒に毎日作業をしていた私は8月の終わりに体重を測ったところ6月に比べて6キロも減っていました。暑すぎて毎日ほとんど何も食べれずに、しかもなぜか仕事終わりにスタッフとサウナなどに行く謎の行為をしていたのが原因でしょう。この時、私たちはサウナの中で涼しさに体を怠けさせずに暑いサウナで鍛えなくてはダメだなど意味不明な会話をしていました。本当に近年の暑さは危険ですので皆さんは決して真似などしないようにお願いいたします。お風呂場での事後や突然の体調不良は大変危険です!!!!!!

田舎の風物詩・夏の草刈り

そして、冒頭でもお話ししましたが田舎の風物詩とでも言いましょうかこの夏の時期にはブーンブーンと言う音と共に長靴姿の作業員が草刈り活動を開始します仮払い機の性能は田舎男子の夏のステータス。セミが合唱だんならばこちらはオペラ歌手的期間限定のキャラでしょうか?笑い

とにかく、、田舎のこの時期は草刈りで始まり草刈りで終わると言っても過言では無いです<本気で本気>かく言う私も実は草刈りは嫌いではなく大好きです。真夏の一番暑い時期に草刈りをして、夕方まで汗と泥にまみれて家に帰りシャワーを浴び、エアコンの効いた部屋に入りキンキンに冷えたビール様を頂く瞬間がこの世で一番の幸せだとそう信じて毎年の草刈りを楽しみにしています汗汗汗

人材発掘採用の経緯

熊本の夏のご紹介は大体済みましたので、本日のテーマ優秀な中国人人材採用決定について詳しく解説措定来ますと、実はこのブログでも旅行記でも何度も登場しています中国人人材についてのお話になるのですが、以前までの私たちの宿でしたら中国圏のお客様の宿泊など皆無に等しく英語もとより中国語などの観点からではなく繁忙期の人手不足を乗り切るために人材を集めているような状態が強くお互いに短期間の付き合いを想定しておりました。

しかし、旅館業自体の不人気もお手伝いしてくれて人材の獲得は近所の旅館などでも最上級課題となっております。

自分で何度も人で不足を連発してますが、私自身としては周りに沢山の心優しいスタッフに沢山恵まれていて毎日本当に幸せに仕事させていただいてます。

しかしながら、こんな田舎の小さなお宿にも口コミで情報が広がった事や熊本県自体のインバウンド需要の高まりから香港・台湾を主体として裕福層中国本土のお客様も今年度より沢山おこし下さっています。その方達の1日だけであっても自宅になるお宿として技術の向上を目材目指すととも新たな人材を採用する運びとなり今回は沢山の大学を卒業したばかりの意欲ある中国の子達が採用試験を受けてくれました( ・∇・)

採用試験受験・ありがとう!

私どものお宿のお手伝いをしようと遠く日本で働いてみようと、この度は中国より若く有能な学生の皆様が社員枠で争うように採用試験に挑戦して下さった事を有り難く思うと共に、本当に嬉しかったです。皆様から、日本は世界でも先進国。意中の国・憧れの日本で働きたい。そして、接客のプロは日本人そこから学びたい。

母国語の他に、日本語の勉強までしてくれてたくさん応募してくれて本当にありがとう!

しかし、採用できる人数には限りがあるのでこの度は厳正なる審査の上来日し一緒に日本で

働いて頂く人材を選考させていただいたしだいです。

採用後は波乱!!!!!

波乱万丈とは?人手不足のなか受験者がいたので結構なことなのでは?と、そうお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、人は人と出会い関わったその日から様々な運命の歯車と出会う!私は心の中でそういつも思うのを現実にするかのように、中国の優秀な子でも試験後本当に日本に行く事が決まるとご両親がなかなか許してくれなかったりして採用後に実際に何件も来日中断になったりしております。現地の事と今回の来日中断のお話を何かの参考のためにさせて頂きますと。実際私も上海に行き体験した事例ですが、現地では結婚のための人材がかなり不足しているのが現実でありその多くが上海国籍の女性のようです。ここを詳しく解説しますと一記事できる話なので割愛し、別で作成しますが、現実問題さまざまな要因でそのようになっています。なのですなわち女性であり上海国籍のなら両親がよほど理解がない限り来日を本格的には許してはくれないのではないのだろうかと思います。この事が内定突如自体に繋がるのですが日本でもあると思いますが、本当にう明るとは思わず両親が安請け合いしその結果人物う優秀とないり内定しかし海外に行くことになるので特に一人っ子政策で一人娘の我が子をわざわざ日本で働かせたくはない。これはどこの国でも。一般的なご両親から見るとごく一般的なあたりまえの反応なのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする