(リゾートバイト)新しい働き方の紹介と解説『魅力を高めて』日本中が自分の職場



リゾバをお考えの皆様こんにちは←勝手な思い込みかもwww
職業柄リゾートバイトなる派遣のスタッフさんや会社とのやり取りが多いので今回はじめて詳しく紹介させて頂こうと思います。

現在、人手不足と言うこともあり日本のいろいろな業界で派遣や契約社員のスタッフさんが活躍されています。

他にも期間工など普通の正社員とは少し違う働き方が近年人気を博していますので、私の知っているリゾートバイトスタッフについて詳しく紹介していきたいと思います♪

『リゾートバイトをする』不安の解消と5大メリットを全部解説人手不足だからこそ大切に雇用してもらえる。

この記事を読んでくれている方の中には『リゾートバイトに興味はあるけれど、普段のアルバイトとは違い難しそう』『知らない土地に一人で行き友達もいないので寂しい』リゾバを最初に考えたときにはこんな風に思うのも当然です。

それから、住むところの心配や職場にうまく馴染めるか心配なことはたくさんあります。

最初は皆んな素人だし、知らない土地に行き仕事を始めるのは不安んがたくさんあって当然です‼︎

在、国内は人手不足が毎日のようにニュースなどで叫ばれていますよね。宿泊業界と言うのは本当に不人気の業界のようです。なので、現在20代の方などがリゾバに行かれるとその人のやる気に大きく左右されるところでもありますが本当に大切なスタッフとして働かせてくれるので直ぐに職場には慣れる事ができるかと思います。

そして、よく考えて見たらこの最初に上げた不安が本当は一番のメリットだったのでは無いでしょうか?

不安不安と言っていればいつまでも不安ですが、結局は日本国内なので余程のおかなしな求人を選択しない限りは一人で現場に行き、自分か一人でどこまで通用するのかを確かめる腕試しにもなって一つ一つ自信がついていくかと思います。

少しでも心配事を減らしていけるように福利厚生の一例を先に紹介しますね‼︎

①寮費は基本的にどこも無料
②社会保険や雇用保険なども派遣会社が手配してくれる。『2ヶ月以上働く場合』
③就業場所への移動にかかった費用は最初の給与で返金される
④食事は基本的に3食もしくは規定に添い食べられる。『食事手当てで現金支給のみの場合もある』
⑤光熱費も無料『一部は上限金額が決まっている場合もある』

このあたりが、リゾバの一番の魅力になってくるかと思います。

人が生活していく上での一番のコストがかかる衣食住を全て会社の方で負担してくれますので本当に貯金特化型の働き方です。

普通に貯金を意識していなくても、貯蓄はできていきますが少し意識して本気で貯金をしたい場合には、自分の休日数などを先に考えて一月に1万円程で過ごすことも実際には余裕で可能です。

他にも貯金特化型の働き方として期間工などで働く方法もあるかと思いますが、募集の状況が不透明な時期もありますし。肉体的にはきついです。

そして、自分の住んでいる県にその工場での仕事があれば良いですが無い場合は単身で遠くの工場まで働きに行かなくてはいけません。

これでは、週末休みでも友人や気持ちの許せる友達と遊ぶこともできずに結局長く続かず3ヶ月などの短期で終了してしまい思った程に貯金ができなかったなんてことにもなりかねません。

『リゾートバイト』の場合ですと、基本的には殆ど同じような内容で全国各地に就業場所がありますので自分の住んでいる所の近くから、冒険したい方は逆に一番遠くへと選択する権利は自分にありますのでお好きな就業先を選んでもらえれば良いのかなと思います。

一つだけ注意して欲しいのは日本にはリゾート地と言うよりも温泉地がメインな事


日本には海外のようなリゾート地はあまりありませんが、本当にインスタ映えするリゾート地で働きたい場合は沖縄や小さな離島に夏の間リゾバに言って見ることをお勧めします‼︎本当に綺麗な景色とバケーションを楽しむお客様で異国の地のように賑わいます。


いきなり理想を崩すような事を言ってすみません。実際には沖縄などの離島を希望して働くのであればお洒落な海岸線でインスタ映えするような職場も有ることはあると思いますがこれは非常に案件として少ないです。

そして、リゾート的な働き方を沖縄で希望した場合はデメリットとして時給が安い傾向にありますのでその1点はよく考えて見てください。

気になるのは、本当に生活費0円で貯金しながら生活が可能なのかです!”
生活費0円がどこまでの範囲にもよりますが基本的に自分の娯楽を限りなくゼロにでき出勤日数を基本より多く出してもらえるように交渉が成功する前提ですが。

本当に生活費0にすることは夢では無いのかなと私個人は思います♪

リゾートバイトの一番のメリットはやはりそこなので良く考えながら。自分の目標貯金額に少しでも早く近づけるように頑張りましょう。

リゾートバイトは最初に目標貯金額を設定して勤務先を選ぶベシ!”また、自分の毎月の固定費を見直しておくのも一つのポイント♪

リゾートバイトに挑戦してみようと気持ちが少し強くなってきた貴方へ。具体的に最初に決めておいた方が効率の良い内容を紹介しておきます。

個人てきな感覚的には、リゾバする人は工場の期間工の人に比べて海外に行くための一時的手段として利用しているような方が多い傾向にあると思います、年齢そうが非常に若い事も関係あるのかなとか思いますが。完全に移住するのかは分かりませんがアメリカに長期留学するのが目標の方もいましたよ〜。

なぜ、最初に上記を紹介したかと言いますとリゾバ開始事に明確な貯金の目標やもしくは金額本当は目標と目標金額の二つを最初に決めてから開始するのが一番の理想です。

実際にリゾバで知り合った何名かのスタッフの話を参考に書いてみます。

A君21歳

音楽家になるために就職はしていなく、今回のリゾートバイトが初めての経験とのこと。まとまったお金を用意できたら、音楽家になるべく自宅で音楽作成活動をするのだとか!!
こちらの方は、比較的外出などはしないとのことで給料の殆どを貯蓄にまわし音楽活動に使うための期間を過ごせるように用意しいている方でした。
B君22歳
大学を卒業間近で辞めてしまったそうです。リゾバでお金を貯めながら生活費のかからない環境で公務員になるための勉強に取り組むと言っていました。
Sさん22歳
大学を卒業後

平均での勤務期間




リゾバをしている人の平均勤務期間は大体6ヶ月が一番多いです。派遣会社としては法律などの観点から3ヶ月程度からいてくれる人を一番人材として抱えているようですが、3ヶ月の勤務では季節限定の施設のスタッフとしてしか使わないのではないかと思います。実際、仕事を覚えて自分で動くようになるまでに3ヶ月ぐらい必要なので。それもふまえて大多数の方が6ヶ月を選択されているようでうす。これには預金をある程度するには、どんなに給料や待遇が良くてもいっていの期間が必要なのもかんけいがあると思いますがそれは貯金の項目でもふれて行きたいと思います。実際にはですね、短期労働と言う事も場所によっては可能なようで例えば海の家の営業中のその中の盆休み期間中だけの勤務なども応募があっているようです。その他には山小屋の釣堀のある施設などだと1週間からの募集などもみかけたりします。他にもマニアックな求人もありますが最近の傾向としては求人誌で募集しても人が集まらないので派遣会社を利用する企業も派遣中でも経験者との絞りをしていたりしまして結局時代の変化とともに変わる事もありますが求める事に変化は無いのかなと思います。短期の勤務であればあるほど着任初日から業務を完璧にこなして欲しいと思うのは雇用者としては皆同じですからね!

なので、短期勤務で赴任されるリゾバの方に一言アドバイスとしては現場に迷惑なので決して旅行や遊び感覚で現場に入るのはやめましょうね♪( ´θ`)仕事頑張ろう。

勤務内容について



勤務内容について具体的に話してみたいと思います。勤務内容は配属された施設により大きく違ってくるかと思いますが、いくつかの旅館を派遣経験のあるスタッフに話を聞いてみた話を交えながら説明してみますと。下のような感じのイメージになります。

前提として、リゾートバイトには様々な職種の求人があります。

  • 接客系:レストランホール、フロント、仲居、売店など
  • 作業系:客室清掃、厨房キッチン
  • テーマパーク:プール監視員、着ぐるみの中の人
  • スキー場:リフトスタッフ、レンタル係

実際のところ求人の多くの割合を占めるのは、ホテルや旅館の職種です。沢山の職種の中から私が的確に説明できるのは主に接客。料理の提供の仕事です。なたって現在の自分の仕事でもありますので。それ以外は、一緒に働いているスタッフの経験をもとに書いていければなと思います。

リゾバは特別難しい仕事はありません。仕事のレベルはコンビニバイトや飲食店と同じです。

だた、仕事の量が多かったりすることがあるので大変と感じることがありました。

  • 接客系:レストランホール、フロント、仲居、売店など、旅館内でこの仕事メインんに配属されると、お客さんの接客メインの仲居はとにかく覚えなきゃいけないことが多いです!お出迎えから料理出しを行うにあたって、部屋へ案内した時の館内の案内から料理の説明など。
    とにかく最初のころは、こんなに沢山の業務を覚える事ができたら自分でもお店ができてしまうのじゃ無いの的なかんじで思うそうです。 どこの旅館でもマニュアルを配布して何度か先輩が一緒にしてくれるので未経験でも覚えて行く事は可能です。

最初は覚えることもたくさんあり、業務を把握してないことも多いため無駄な動きをしがち。

始めはちゃんと仕事をこなそうと目の前に必死ですが、慣れると周りが見えてくるので手を抜くところは抜いてラクに働けます。

仲居もセリフが上の空で言えれば、接客を楽しむ余裕も作れました。

実際のところ、リゾートバイトは単純作業が多いため一度慣れてしまえばけっこう仕事デキるようになります。

1週間は確かに大変!でも、それを乗り越えられれば問題ありません!*午前*
6時・・・午前出勤
↓ 朝食会場の簡単な掃除、朝食出し
↓ 片付け、お客様お見送り
10時・・・退勤
*中抜け*
*午後*
16時・・・午後出勤
↓ お出迎え、荷物持ち
↓ お部屋へご案内
18時・・・夕食
↓ 夕食出し、片付け、朝食準備
21時・・・退勤

ちなみに、私が勤務している旅館は9時間拘束の8時間勤務と完全週休2日以上の休みを採用しているので上記の勤務は本当に仕事の流れを覚える最初の頃に上記勤務体制をとります。ですが私もよく周りの旅館関係者と話す機会がありますが他は上記勤務体制のみのところもかなり多いようです。そんなところに行くと非常に大変でしょうね。

ワンポイントアドバイス 大型連休をはさむ時のシフトは連勤になりやすい 

GW(ゴールデンウィーク)、お盆休み、シルバーウィーク、年末年始…など
いわゆる世間様が連休の時期。会社勤めの方がお客さんとして観光地を訪れるためリゾバ先はかなり忙しくなります。

この時は、人手をフル稼働させるため連勤になるケースが多いです。連休の他にも、桜・紅葉の名所、登山シーズンなど季節イベントによって地域ごとに忙しい時期が異なります。

リゾバの休日は何して過ごす

 



これから、少しでもリゾバしてみよーかななんて人は気になっているでしょう知らない土地での休日の過ごし方なんかについてですが。自分以外に何にかのリゾバスタッフがいれば一緒に遊びに行く事も可能です。

ちなみに私の勤務している旅館では派遣スタッフの方も連れてバーベキュウーや研修旅行等に行きますので比較的楽しく過ごす事がかのうです!

気になった方はリゾートバイトに参加してみてはいかがでしょうか!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする