熊本県人吉市で川遊び<ラフティング>を初体験してきた。

熊本県では阿蘇の火山活動が活発化しており噴火することもあり、毎日微量の火山灰が降っていいます。職場でも掃除をする度に火山の灰が降っている事を実感しています。

それから、夏と言えば高校野球の甲子園もテレビを賑わしていますね。

私も懐かしき高校時代に野球部ではなかったのですが通っていた高校が甲子園に出場という事ではるばる神戸の甲子園球場まで応援に行った記憶があります。

現在の熊本県同様に甲子園球場も全国各地も猛烈な暑さに襲われていますので皆さん熱中症などには気をつけて過ごしましょう。

そんな中ですが、私も仕事の合間を見つけて今回は、熊本県の人吉市にラフティングを初体験してきました。

位以前より非常に興味深いレジャーの一つではあったのですが現在まで未体験でしたので今回は夏の遊びにオススメとして紹介いたします。

熊本県人吉市でラフティング初体験

こんにちは、今回は人生初ラフティング体験をしてきましたのでその内容を紹介して行きたいと思います。まず、ラフティングについてですが簡単に説明しますと下の画像の通りです。

熊本県、人吉市にてラフティング初体験!!!

そうです。比較的大きな川の中でボートに乗り自ら激流に飲まれに行く非常に刺激的な自然を利用した遊びがラフティングです。今回私は、友人と派遣で旅館で働いているスタッフと共に熊本県は人吉市の球磨川でラフティングを経験してまいりました

現在の夏のレジャー遊びにぴったりですね、実は今回初めて僕も知ったのですが熊本県の人吉地方はラフティングの盛んな所だとうことでこれは自分自身リサーチ不足でした。なぜ盛んな地域かと言いますと、この人吉という地域には熊本県でもかなり大きな川が流れていましてその川の名前を球磨川と言います。この川は環境にも非常に恵まれていまして、夏にはレジャー客で多くの方がきますし、渓流釣りで川の魚を釣っている釣り人も年間を通して非常に多いです。

ラフティング業者選びは大切

今回お世話になりましたラフティング業者さんを紹介しておきます。名前がコンパスさんです!ラフティングに行く前日にネットで検索し空きがあったので予約させて頂きました。

このコンパスさんはゴープロと言う今大人気のカメラ屋さんと提携しているらしくラフティング中もこのゴープロを使いましてかなりの枚数の写真を撮影してくれました。

川の中で白くなっているところは流れが早いので川遊びの際には注意しましょう!

周りにも数組の別の業者に連れられたグループがいましたが、私の感覚としては今回のお世話になっているコンパスさん程写真をとってくれている印象もなく機材も普通のカメラを使われているようでしたので私たちの業者選びは初めてにしては当たりだったのかなと言う印象です。

全員でとりあいずの記念撮影、一番前がコンパスのインストラクターさんです。

ラフティング遊戯中は基本的に自分のカメラなどを一切持ち込む事ができませんでしたので、業者の方の機材や撮影の頻度などは思い出を残すために非常に大切になってきます。

特にブログやユーチュウブなどされている方には大切な業者選びの要素かと思いますので予約の際には写真撮影についてしっかりと聞きましょう!

出発そうそうは何水が入り苦しんでいる女子も写っています。

川遊びの注意点・有事の際に一番役立つ情報

疲れたので、少し休憩しています。石を積み上げて誰が一番高くなるかきそう。

えーと、今年の夏もですね海や川など多くの自然と遊べる観光地が大勢の人でで賑わっていますが悲しい事に新聞やニュースでもかず多くの悲しいニュースが報道されていますので。川遊びの楽しい記事の前に注意点を書いておきたいと思います。

※川に個人で遊びに行く時の注意点

毎日暑い日が続きますと友人や家族と川に遊びに出かける機会も増えてくると思います。まず、目的の川など遊ぶポイントに到着しましたら一番に確認して頂きたいのが自分のいる正確な現在地です。グーグルマップや専用のアプリを使いますと居場所を極めて詳しく知ることができますのでこれを使って遊び始めるまでに現在地の特定をしてください。

これは、もしも救助の要請などをする場合に相手に素早く正確な位置等を知らせるためです。これは救助の際かなり大切になってきますので、目的地に到着しすぐに川遊びを始めたいでしょうが是非思い出していただければと思います

一番最初にボートに乗り込む所。道具はすべて現地でレンタルできました。要事前お問い合わせですね!

ラフティングで一番怪我が起こる時は

現在地も確実に把握でき、いよいよ水着に着替えラフティングを体験していきますがインストラクターの方よりこの遊びで一番怪我が起こる可能性についての説明注意がありました。

写真の撮影にも使っているオールですが実は結構危険なのです。

1・ボート漕ぐためのオールで周りの人を傷つけてしまう。

当たり前ですが、流れの無い水中でボートを前に進めて行くにはオールを使い人力で前に進めていくしか方法がありません。流れの無い場所でオールを漕ぐ分にはそこまで危険では無いのですが流れのある場所でオールを使いますと両手でしっかりと持っていなければ水圧に負けて自分の後ろの席にいる人にオールがぶつかってしまいます。水圧で勢いのついたオールは大変危険でして人間の柔らかな皮膚では勝ち目がありませんのでこの点は遊戯中も忘れずに気を引き締めておきましょう。

じっさいに、私は中学生の時に体育間にあったオールを友人がふざけて振り回し別の友達に当たってしまし何針か縫う怪我をしたのを目撃したことがありますのでインストラクターの方同様にオールの危険性は事前に感じていました。

今回の私たちのチームは心配していたような怪我もなく無事にオールの使い方もマスターすることができました。

このようにボートから落ちる落とされるもこの遊びの醍醐味の一つですが必ず周りの安全には気を配るように。

2・ボートから押し出しだした友人を岩に当ててしまう。

これは実際にラフティンを経験もしくは人口的では無い川で遊んだ事のある方しか分からない話ではあると思うのですが、これも川で遊ぶ際には非常に重要になってきます。

ボートなどの上から見ると光の屈折で深く見える場所でも意外に岩がむき出しでしたり水位が浅い事があります。その状態だけでしたらまだいいのですが、そんな場所に限って水の流れが早い場合もありましてこれが一番厄介なポイントです。水の流れが早く岩が剥き出しになっていますと友人と盛り上がってボートから押し出したさいにすぐに岩に体を打ってしまうことになります。自然の力はすごいもので緩やかに流されて体をぶつけたように見えていても水圧も加わりかなりの衝撃がありますので腰痛持ちの方や交通事故などで外傷の後遺症などがある方は気をつけていただければと思います。

かなり長く注意点の紹介をしましたが、毎年多くの方が水の事故で悲しい思いをされていますのでグループで遊びに行かれる際にもくれぐれも注意しながら遊んでください。

ラフティングの一番面白い所

注意点の紹介が長くなってしましましたが、ラフティンはやはり皆んなでワイワイ楽しんで非日常を感じ体を半強制的に動かして行けるのが一番の魅力です!

下記ではラフティングの楽しめるポイントを場面ごとに分けて紹介していきたいと思います。

周りも大自然に囲まれて非日常ですね。心も晴れやかになってきます。

1、ボートにのり川を下っているだけでも開放感を感じる

こんな感じですが、非常に開放感がありこれだけでもとても楽しいです。

まぁ、これに始まりこれに終わるような内容ですがやはり川遊びのラフティング一番の醍醐味はなんと言っても非日常の開放感です。

ボートには乗っていますがそこは青空の下周りは山に囲まれた自然豊富な川でしかできない遊び他のどんな遊びよりも開放感についついては思う存分味わう事ができると思います。

ライフジャケットを頼りに川の中でこんな感じに浮いてみるのも良いかもしれませんよ。

例えば流れは穏やかでスピードが出ていない時に感じる鳥の鳴き声や川のせせらぎの音!ましてや川の匂いに照りつける太陽の日差し全てにおいて車や電車などの毎日の生活ではなかなか感じる事ができないですよね!!!

それが一番感じられてなんだかリラックスできるのが流れが穏やかな時にだけは楽しむ事ができます。

激流は動画撮影のみなので激流にいくまでの途中ポイントにて集合写真を撮りました。

2、少し流れが早くなってきた水深も深いポイント

アウトドア大好きな方や若さ溢れる怖いものしらずなグループに一番人気となって来るのはこのポイントです。

ここでは友人のバランスを崩させて川に落とす事ができます。これもこれで楽しいです!と言いますかラフティングの動画や他の方が書いているブログを見ますとこの内容のことが非常に大きくアップされていますね。

日常では使わない程の大声と力を使い人を川に押しやるのですからストレス解消にもなります笑・・・。

なんといっても夏の日差しの熱い時期に冷たい川に落ちるのですから一瞬ばびっくりもしますがその川に入った時の爽快感は半端じゃないですね♪( ´θ`)

3、激流ポイントでボートにしがみ付き皆んなで激流を乗り越える。

もうすぐ激流ポイントなのでその前に動画に切り替えて撮影開始です。

それでは、皆さんお待ちかねのラフティング一番の見せ場と言いますか魅力はやはり激流ポイントに入りそこを乗っている皆んなでバランスを取り乗り越えて行く瞬間では無いでしょか?

やっぱり一番楽しみですよね!

では、この激流をどのようにしてMAXまで楽しむのかと言いますとインストラクターの説明と自分の体験をもとに話しますと。

激流ポイントに近づきましたらまず、乗っている男子は全力で全力で腕がちぎれるかのようにオールを漕ぎボートの速度を上げます!

もしも、合コンや出会い系イベントなどでこの夏ラフティングを計画している男子諸君がいましたらこのポイントだけは忘れないように全力でオールを漕いで下さい。

何かを一生懸命ぢている男子は格好いいとよく言うではありませんか( ◠‿◠ )

そうしますと、だんだんボートが激流に流され出す瞬間までやってきます!!!!!

これはラフティングをしていて一番緊張と興奮と期待が混ざる瞬間でもあります。

結論から言いますと刺激を求める感じのタイプの方にはこれが一番楽しい場面かと思います。

でも忘れずに、どんなに激流で波が来ようとも男子諸君は全力でオールを漕ぎ続けて下さい。

これによりスピードも増しより一層楽しむことができるとインストラクターの方も何度も言われていました。

結果的に私たちも頑張ってオールを漕いだおかげで非常にスリリングな激流を体験することができました。とても楽しい1日でした

となりで一人参加していたメンズが下の水着が半分流されて大事な所がほとんど見えかけていたのも非常に面白いものでした。

一番下の目的地に着いてからはスタッフの方を手伝いましょう

ブログにして見ますと短いですが、家を出発してからボートで下り終えるまでの時間としては私が参加した当日でも6時間程の時間を有しています。

途中を省略しますが、川をボートで下りだしてからかかる時間は4時間程度必要です!

思っていたよりも時間んのかかるものでした。

ほぼ1日を使い、目的地の下流までボートで下りましたら車でのお迎えポイントまで歩いて行くことになりますがどの業者を使いましてもそれ程の距離を歩くわけではありませんのでご安心下さい。

そして、今日1日頑張った男子諸君には最後に1日お世話になったスタッフの方と一緒にボートをお迎えポイントまで運ぶ作業をぜひ手伝っていただければと思います。

基本的に一つのボートにスタッフの方も1名しか乗船していませんので1日安全を管理しながら楽しませてくれたお礼にボート運びは喜んで協力しましょう!

では、今年の猛暑を吹っ飛ばせるように皆さんも川で山で海で思う存分楽しんできて下さいませ( ´ ▽ ` )もちろん記事でも紹介しましたように安全にはくれぐれも注意して下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする