憧れのニューヨーク旅行第2談

ヒルトンニューヨークミッドタウン約5間滞在します。

滞在するホテルの紹介

ヒルトンニューヨークミッドタウン約5間滞在します。

それでは、ニューヨクに上陸しまして2日目最初の朝がやってきました。前回の記事では、到着1日目のホテル前にて屋台でB級グルメを購入し食べたあたりまでお話しできたと思います!!

せっかくなので、私がニューヨーク滞在中に利用したホテルを紹介しておこうと思います

そのなも!ヒルトンニューヨークミッドタウンです

実際ニューヨークに行く事ができただけでもかなり感動したのですが、閑散期という事でJTBさんが立派なホテルを格安で手配してくださりました・・・。

写真では分かりにくいですがかなり大きな建物です。ホテルの前には噴水があり外見からも豪華さを醸し出しています。正直到着してチャックインの手続きを済ませるまでは、本当にこんなに豪華なホテルに泊まれるのかと不安もありましたが。。。

日本最大手の旅行会社の力はぜつだいですね!

早速ニューヨーク観光開始

せっかくの高級ホテルの紹介もソコソですが、ニューヨークで観光を開始しましたので書いていきます。

まず、何と言っても自由の女神は外せないだろうと言うことで自由の女神を見に行く事にしました。自由の女神観光は出発前もホテルについて寝る目にも綿密に下調べをしていたのですが、私の調べによりますと下記のような事にまず注意が必要とのことでした。

※人気観光地なので船のチケット売り場ばには朝の6時頃から行く必要がある

※人が多いので貴重品の携行には注意する

最低でもこの2点には観光に行く予定の方は絶対に気をつけて下さい。

私も実際、ホテルを6時ごろに出発し船のチケット等を書いましたが自由の女神がある島のようなところには観光に来た方で非常に混みあっていました。

ニューヨ旅行の定番はやはり自由の女神は外せないかと思います。

画像では見えにくいですが、間近で見る混み具合は日本ではなかなか体験できないので近くに行くだけでも迫力があります!

観光料としては細かくは覚えていませんがホテルからの移動込みで5千円ていどだったのではないかと思います。

お昼ご飯に現地のバーレストランのようなお店に行って見た!

混み合っていた観光も終了し地下鉄にてホテル付近までいどうしまして、時間てきにも昼ご飯の時間が近づいていたので、現地のバーレストランのようなお店に行って見る事にしました。

ニューヨクのバーレストランにて昼ご飯を食べる事にしました。

画像でもお分かりの通りに現地のお酒などが非常に沢山ちんれつしてありまして、アメリカの国旗なども飾ってあり非常に楽しい雰囲気のお店でした!!

接客してくれた店員さんも若い男性の方でしたが入店と同時ぐらいからフレンドリーでハイテンションでした。この接客は絶対に日本では経験する事ができないと思いますので文化の違いを肌身で経験する事ができました!

画像の中の手前のドリンクですが、私はパスポートを持参していましたのでアルコールを注文する事ができましたが、先輩はホテルに置いていたので年齢の確認ができ無いとのことでアルコールの注文を断られてしまいました・・・・。

気を取り直して、注文した料理はと言いますと確か私はステーキを注文したかと思いますアメリカと言えばステーキとの勝手な妄想が自分の中にあるようです♪( ´θ`)

↑実は、日本を含めアジア圏は酒やタバコに寛容的ですがアメリカやヨーロッパなどは非常にシビアです。初めてのアメリカ旅行で思い知りましたが本当に驚く程シビアですので、このあたりの旅行の際には国際免許もしくは、パスポーの鮮明なカラーコピーを持ち歩く事を私はお勧めいたします。

実は、現地に到着した際にガイドの方にも言われたのですがアメリカでお酒を飲みすぎて道端などでねてしまいますと本気で逮捕されますので絶対にやめてくださいね。それから、近くのお店なども日曜日の安息日はお酒類の販売は一切しませんので日曜日にお酒を飲む予定の方は前日までに買い置きしておくようにとのことです!

国が違いますので勝手が違いますが・・・違いすぎます。

大丈夫かよ日本!!!!

ヒルトンホテルにて一旦お昼寝

この日は、バーで食事をした後は一旦ホテルに帰還して一休みしました。ヒルトンホテルの大きなベットは普段家で使っている安物ベッドとは比べものにならない程快適で何時間でも寝ていられるような感覚になりました。

ヒルトンニューヨークミッドタウン約5間滞在します。

もちろんのことですが外出している間にプロのベッドメイキングの方がピカピカの状態に戻してくれていますので清潔感があり本当に快適です。

こんな豪華なベッドでしかもニューヨクのど真ん中で優雅にお昼寝する経験はなかなかないだろうと夕方ほどまで派手に昼寝をしてしましました。

そのご、外出するのですが外出の際に部屋の清掃の入ってもらう場合は1ドルから5ドル程のチップをスタッフの方用に置いておきましょう!!

今では、海外旅行者の常識ですね!!スタッフの方の給料自体はそれほど高額ではないそうでアメリカではチップをメインに生計を立てているとかガイドさんに聞きました。

ガイドさんの話では、裕福な旅行者の方がかなり多めのチップを置いて遊びに出かけ部屋に戻ると枕元に薬物のような物が置いてあった事が実際にあるそうです。

なぜ、こんな事になったかと言いますと現実的ではない金額のチップだったので薬物の注文をしていると考えた質の悪いスタッフが品物を入手して置いて行ったのだろうとのことでした。

このような事態になった場合にはくれぐれも自分で触ったりせずに直ぐにホテルスタッフを呼ぶようにとの指示がありました。

海外で麻薬などの事件に巻き込まれたら本当に大変ですので、皆さんもくれぐれも気おつけてくださいね。

ニューヨークの激安スーパーを探して探検

次に、私はニューヨークの庶民的スーパーを探して夕暮れ時の街に出かけました。夕暮れどきだろが何だろうがニューヨークの街は非常に活気がありそしてお店から路上に用意されたテーブル席でお洒落にディナーを食べている人がいて非日常を感じる事ができます。

なぜ、庶民はのスーパーを探し始めたかといいますと初日から私はホテルの売店にて水などを購入していたのですがホテル買うには何でもかんでも値段が異常に高くこのままでは直ぐにお小遣いが無くなってしまうピンチにみまわれていたからなのです。

近くにスターバックスもありましたが、ここを利用するのも本当に料金がかさみまして困ったものでした‼︎

ホテルから2ブロック程歩いた所に食品や薬品、日用品を販売しているいかにも庶民の台所的な店がありましたのでそこで買い物させていただきました。

水の値段もホテルの3分の1程で食べ物かなりの量が安くかえましたので滞在中はこのお店にお世話になるだろうなーと考えながら買い物を楽しみました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする