(植木温泉大月苑)熊本市奥座敷隠れ家系旅館大月苑魅力。

みなさん、こんにちは。以前は旅館大月苑で勤務していました木村です。現在は、アルバイトにて時折、顔を出していますが今回はお世話になった全職場の旅館大月苑含め、植木温泉の魅力を少し紹介させて頂きたいなと思います。

(植木温泉旅館 大月苑)さんの人気の秘密!”

福岡からの常連Sさん
福岡からの常連Sさん
やはり離れ客室とPH9の化粧水のような温泉が忘れられず毎月通っています!
初めてお越しいただいて、温泉を気に入って頂いてからは長いお付き合いですね♪
いつも、遠くからありがとうございます!”
女将スタイルの木村
女将スタイルの木村

大月苑さんが有名ではない温泉地でも人気なのは独特の泉質とこだわりの離れ客室料理長自慢の料理を提供しているからだと思います。(お店の雰囲気は旅館の良さを残したホテル)を思わせるような感じの接客サービススタイルです。おお客様に近づき過ぎず、決して遠くはなく。婆ちゃんのお家に遊びに来て自慢の一品をご馳走して頂いてるようなとても温かみがあり心落ち着かせながら食事を楽しむ事が出来ます。この時期は、道中も紅葉が楽しめて何倍も得したような気分にさせてくれます。

大月苑さんはここにある!”

(植木温泉大月苑)さんは、熊本市の奥座敷として北区植木町の植木温泉街の一角にあります。植木ICからのアクセスが非常に便利で高速を降りると5分程で到着することができます。一つ中止頂きたいのは、植木ICを降りる方面を菊池方面に降りて頂く点です。ここを間違えてしまいますと植木温泉エリアとは逆の方面になってしまいますのでご注意下さい。近くに、最近コンビニもOPしており急な素泊まり利用でも心強いです。熊本県のメイン道路3号線から少し入ったエリアですので周辺は夜になりますと静かな環境にあります。ですが、菊池や山鹿方面へのアクセスも良く翌日の観光計画を立てるのには結構便利かと思います。また、事前に予約が必要ですが遠方から来られるお客様には(植木駅)(植木IC)から宿までの送迎サービースがありますので車を運転されなくなったお年寄り夫婦もしくはご友人もともと免許のない方でも安心して利用することが可能です。

常連のZ夫婦さん
常連のZ夫婦さん
車を運転しないけども、高速バスを降りてからの移動は予約すると迎えに来てくれるんだよな~♪
そうなんです。
事前に予約をいただいてますが
高速バスや植木ICまで無料で送迎サービスがあります。

常連客S
常連客S
植木温泉を利用の際には植木ICが一番近く非常にべんりですよ。
最近、IC近くにもコンビニができたので
高速バスの待ち時間などにも立ち寄れてさらに便利になりました♪
女将スタイルの木村
女将スタイルの木村

人気の宿泊プランはズバリ(若旦那の我儘贅沢プラン)!”

(植木温泉 大月苑)さんに行ったら是非堪能して頂きたいのは、(若旦那の我儘贅沢プランこれに限ります。こちらは、料金的には大月苑さんで最高金額ものとなっていますが、内容的には国産の伊勢海老の盛り合わせと熊本県のブランド牛味彩牛ロースステーキの両方が懐石料理のメインとして用意されていますので、実は一番お得なプランになっています。普通の客室でどちらかをメインで選んだ場合最安値(伊勢海老プラン¥18500)→(贅沢プラン21500)金額の差としては3000程開きますがこれを一番安いプランの(スタンダードプラン¥16500)に単品で伊勢海老を追加しますとそれだけで一人8000の料金がかかってしまいます。実は、近年伊勢海老の漁獲量が減少しているようで私が入社した7年程前よりも仕入れ自体の金額がかなり上がっているのが大きな原因です。

大月苑さんのこだわり懐石料理!”

実際の懐石料理の一例を紹介致します!”内容としては、通常は前菜五種盛りから始まる懐石料理でして基本的に毎月料理の見直し変更が行われています。季節に合わせたお料理を提することを心がて居るようでして、何度も通う常連さんなどは直ぐに気がつくのですが、料理と一緒に殆どの器も毎月変更されています。器が毎月変わるの目にも新しく気分も良い点かと思います♪( ´θ`)s料理長に話を聞いた所一番気おつけて調理しているてんは、基本的に仕込みをせずに当日の朝から届いた食材をその日のお客さんに向けて調理していくと点だそうです。仕込みを何日も前からして保存しておくことも現代の調理器具を駆使すれば可能だけれど、やっぱり素材の本来の味をお楽しみ頂くには多少大変でもできるだけ(その日、そのまま、新鮮に)が一番なんなんだそうです。なので連休が続く時などは、非常に多忙になり大変な思いをするのだとか・・・。

特別室(にしきぎ)を何かの記念日におすすめ

こちらの画像のお部屋が(特別室のニシキギ)というお部屋です。少し小さくて分かりにくいですがかなり広い空間のお部屋に和モダンの畳とベッドが入っています。少し広すぎるような気もしますが暫く過ごして居るうちに自分たちだけの快適な空間になってしまいますから不思議なものです。大きな窓が二つ付いているので、開放感はかなりのものです。またホテルとは違いカーテンでは無く障子を使う事で日本旅館の温かみも表現しています!”

これがニシキギの浴室

(ニシキギ)のお部屋について居る浴室になります。このお風呂も結構な広さがあり、大浴場が苦手な方でも十分に温泉を楽しむことが可能です。また、以前は付いていませんでしたが冬の寒い時期にも高温の温泉が出せるシステムが付いていますので気になる時にはスタッフまでお声かけいただきますと対応いただけるかと思います。この機能を使いましても泉質や成分等は全く変んかせず水で薄まるような事もないのでご心配は無用かと思います!”

これが(ニシキギ)の洗面台です!”

女性の朝の身だしなみには非常に大切かと思われるのがこちらの洗面台です!”かなりの広さと、本来であれば女性専用のマスクなどかなりの数のアメニティーが用意されていますので、夜の化粧落としの際にも、朝からのお出かけの用意にも非常に便利です。壁一面の鏡は大きく使いやすいので男性の髭剃りなどにも重宝していただけるかと思います。

宿泊者専用のフロント

こちらは、宿泊者専用のフロントです!”改装に合わせて宿泊者様専用のフロントが完成いたしました。このように、完全に利用用途別に分けて居るのは植木温泉では珍しく、お客様も殆ど他のお客様と顔を合わせる事なく会計などすることができるので周りに気を使いたくない方などには非常に便利かと思います。現在は、宿泊者の方に限りこちらのフロントでドトールコーヒーを無料で提供いたしていますので、気になる方は召し上げって見ては如何でしょうか?

今回は(植木温泉 旅館大月苑)さんの紹介でした。皆さんもこれからの渡航のシーズンたくさんの思い出を作りにいらしては如何でしょうか?本物の温泉と心づくしのお料理が疲れた体と心を癒してくれることかと思います!”

画像をクリックされますとお宿のHPにも行くことができます!”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする