{リゾートバイト}生活費0円で貯金が貯まるリゾートバイトという新しい生き方!

『完全初心者向け』全国のリゾートバイターの道を少しでも平らで歩きやすいものにしたく書いた記事!思い出作りは大切でも、これだけは注意したい就業先での過ごし方。『月収20万はイージー✌️』

案内人女将
案内人女将
リゾートバイトに興味にのある方に今回は就業先でのリアルな思い出の作り方やこれだけは避けて欲しいと思う行動1点について木村に具体的に解説してもらうことにするね。自分なりに良い思い出がたくさんできば良いのだけれど始めは緊張していてそれどころでは無い方も多いので記事を思い出したらお昼休みにでもメモ帳がわりに読んでみて
『リゾートバイター』の皆さんこんにちは!
今回は女将さんも言っているように思い出の作り方と絶対に辞めて欲しい禁止行動について解説を交えて説明するね。思い出の作り方は人それぞれだけれどポイントを抑えると例えば一枚に写真を派遣会社が購入してくれたりして小さな楽しみに繋がる事ができるのが一つのポイントなんだ!
木村
木村

⛳️こんな感じの漠然とした疑問と実話をもとに禁止事項の注意点に答えます。

🔑本記事のテーマ

この記事:最短3日で『リゾートバイト』先での思い出を作る参考♪これだけは避けたいNG行為について解説!

『完全初心者向け』全国のリゾートバイターやその卵がこれから歩む道を険しい道を少しでも平らで、実り多いものにしていく!

初めてのリゾートバイトで迷ったときは。この記事を参考に選べば間違いない。

最近、Twitterや求人紹介サイトでもよく見かけるようにななったリゾートバイト平たく言うと「日本の温泉地」などをメインに派遣スタッフとして決められた期間働く就業の方法です♪

基本的には初回『3ヶ月から』などが一番多いかと思いますが条件が合えば長期も全然可能なので普通に生活は安定します。

この働き方の背景には、人手不足な日本の現状と、繁忙期と閑散期の波の激しい業界の特徴とかなさって現在の旅館ホテルなどは派遣スタッフなしでは、運営が難しいのが現状かと思います。実は、考え方を少し変えてみるとこの辺が穴場の考え方だったりします。

思い出作り:リゾートバイトならではの思い出作り♪

①目標設定:スキルアップも視野に入れていく

②行動開始:一人で現地の観光スポットを探検する

③物理的行動:リゾートバイト仲間と近くの県に遠征旅行をする

④保湿を探る:現地の温泉などを堪能しまくる

⑤友人作成:外向人留学生などがいたら積極的に遊びに誘う♪

これがリゾートバイトでの思い出作りの醍醐味かつ積極的にお勧めしたい私からのファイナルアンサー。

せっかくのリゾート地での就業で知らない土地で初めての人や物スポットに食べ物との出会いなので多少の交際費は使っていっても損は無いです。しかも、そこで得た事は普通に今後の人生感や困った時、息苦しい時に役立つと思うので今回の記事はお勧めします!

⚠️この記事では、赴任先んでの積極的な思い出作りと『これだけは辞めて欲しいNG行為』について裏話について解説していきます!

⚠️たくさんのブログで様々なリゾートバイト先での過ごし方を紹介されていますが、一つだけ注意したいのはその施設からお金を頂いて働いている事!気持ちが解放的になるのは十分わかりますが仕事をしている事は絶対に忘れてはいけません。例え短期間の就業であってもそれは同じ事です。

⛳️この記事の信頼性

記事を書いています私は、18才で旅館関係の仕事を始めまして挫折や突然の部署移動。旅館の改築などを経験して現在27歳。
現在は、旅館での派遣の受け入れや旅館周辺の情報発信等で温泉旅館の運営に関わらせているのでこの業界は普通のリゾートバイト生よりも詳しいと思います♪

①目標設定:生活費0円で手取り20万

最初の目標は生活ひ0円で手取り20万ぐらいのラフな感じで良いのと思います。いまからリゾートバイトを始める初心者の方には最初に環境に慣れていただくのが賢明かと思いますので。

まだ『リゾーバイト』に来たばかりで周りの環境に適応できていない方もいる事かと思います。始めの頃はみんなそんな感じなので特に気にする必要は無いです。

しかし、この仕事は期間満了して辞めてしまう人も多い反面毎年かなりの人数が参入してきているのも事実です。

数ヶ月も経過すると仕事の楽しさに気がついたりその施設の良さに悪さもだんだん目につくようになってくるかと思います。

②行動開始:一人で現地の観光スポットを探検する

ここは最初に断言しますが、引きこもりの方でもそうで無い方でもリゾートバイトに来ると必ず外で行動するようになります。

⛳️それは、派遣のスタッフを必要としている施設は全国に多いですがそのようなところは人手が必要な時期はお客様もかなり多いので活気があります。例えば夜の10時あたりでもまだまだこれから始まりのようなワクワクする感覚に陥るかと思います。

⚠️もちろん過ごし方は人それぞれなので自由で大丈夫です。

寮の窓から温泉地を眺めてのんびりも良し!

施設の温泉を利用するのもいいですね。

こんな感じの日々を過ごしていますと特に接客担当のかたであれば必然的にお客様に観光地を紹介する事があると思うので自分でも休日に見に行ってみたくなると思います!

🔑実は上記の休日に実際に観光地を自分でも観光してみるのは、遊んでいるようですが非常に大切です。実際に自分で観光地の雰囲気や自分なりの一押しを体験して理解する事で次にお客様に紹介するときによりリアリティが出ます!

⚠️調理場スタッフに配属されている人は。

調理場担当に配属された方は、休日はずばり現地の名物料理や特産品を使用した少し値段の高めなお店でお食事する事が一番良いかと思います。

料金が心配な方は『ランチ』利用を私はお勧めします。

この時間帯ですと比較的空いていますし。かなりの確率で夜とさほど変わらないメニューでも割安で食事を楽しむ事が可能なのでお勧めです。

例えばですが、私が実際に書いた別の記事を例にしますと、私が関係している旅館の隣町には絶対に普通の人は知らないような自分の中では特別な『地鶏と原木なめこの専門飲食店』があります。

木村
木村
一例ですが、ここは本当に森の中にあり
『地鶏と原木なめこ』が最大級に美味しく
しかもこだわりの建物と立地により食事をしながら
森林浴も楽しむ事ができ自然のデトックスも楽しめます。

例えばですが、常連のお客様などへは自分が見つけたかなりマニアックなスポットの紹介を一度してみるのも良いのかもしれないですね。毎月のように旅館やホテルに様々な要件で訪れているお客様はありきたりな観光案内パンプレットではもう万ぞk樹してくれないのいは自分に置き換えてみても当たり前のことです。

説明の方法としては。

①:ご存知でしたら失礼ですが、御車で〇〇方面へ向かわれますと地元の者でもなかなか知らないような珍しい飲食店がありますが、ご紹介いたしましょうか?『お昼ご飯に如何でしょうか?』

②:はい、旅館の駐車場を出発されまして正面も道を右に直進いたしまして3つ目の信号を左に見えて参りました斜め右方向の峠道を進んでいただきますと・・・

③:少々分かりづらいかと思いますのでこのような地図をご用意致しました。よろしければどうぞお持ち下さいませ。

それではお気をつけて行ってらっしょやいませ。

木村
木村
説明のマニュアルの抜粋としては、こんな感じです。
しかし、言葉遣いなどは相手似合わせ自分なりにお客様に喜んで頂きたい気持ちを前面にだ出せば多少ぎこちなくても大丈夫です!

③物理的行動:リゾートバイト仲間と近くの県に遠征旅行をする

上記では、遊びを通してお客様に自分が与えられる付加価値を増やす方法を簡単に紹介させていただきました。

今度はせっかくの『リゾートバイト』なのでもう少し自分の楽しみを増やしながらワンランク成長すしてみましょう!”

🔑それは、私が考えるに現地で知り合ったリゾートバイトスタッフやもしくは現地で働いている方ともしできれば一緒に隣の県などに旅行に行ってみることだと思います。

この方法と言いますか、遊び方がえ私が思うに一番総合的に成長や発見の多い有意義な一番の方法だと思います。実は、旅館では特にですが利用して頂いているお客様の殆どは周辺の県であり具体的には2時間2時間2時間の法則があります。

⚠️宿泊業などで営業の仕事を経験された方やそれ関連の方は詳しくご存知かと思いますが『光産業は移動時間2時間』をかなり重要視しています。

実際に私は、中国から留学していたインターン生と県内でも一緒に遊んで居ましたが最終的には、『際に自分一人で中国へと遊びに』行きました。

参考までに中国へ留学生を訪ねて一人旅した際の記事も紹介いたします。

⛳️まあ、2時間と言いながらほぼ1日の移動時間をかけて中国の田舎まで遊びにいくのは多少やりすぎな気もしますが・・・。

これはこれで、現在の日本へのインバウンド客数一位の中国視察と思えばかなり良い経験ができたのではないかなと思います。

ここで話をまとめますと、自分の勤務先を利用してくれているお客様はインバウンド利用以外は結構な数2時間以内の以外と近くから来てくれているお客様がいます。なので、慣れてきたら一人でも大丈夫ですが最初のうちは周りにいる誰かをさそって勤務先から一番人口の多い県に遊びにいくとお客様との会話の際に自分の中に数多くの引き出しを作る事ができて有利になります!
現役時代私は、結構これをんやっていました。
別の施設を観察する事で勉強にもなりますし、
自分の中に会話のアイテムが増える事は人相手の仕事に置いて本当に有意義な成長だったかと思います。

④保湿を探る:現地の温泉などを堪能しまくる

これが、現地のリゾートバイト生にとって一番最初で一番最後にくる思い出作りになるのかなと思います。

最近では、わりと都心部から地方へ希望してリゾートバイトに来ている若者がかなり多いです。

そんな若者たちは以外と温泉が好きなようです。初めはみんな自分の就労する施設の温泉を利用して満足するのですが、だんだんそれでは物足りなくなってくるのか結構別の施設の温泉を利用しようと出かけて行きます。

⚠️もちろんリゾートバイト生とはいえ、お客様を相手にする仕事なので他の施設を利用する際でもマナーについては自分の施設どうようきちんと守りましょう。

この点は、女性は結構大丈夫ですが若い男子はなかなか守れて居ない子もいますでワンポイント気おつけましょう。
他には、近所の温泉地でなくても物産館や簡単なお店などがあると思いますのでそのようなところをあえて利用して周りの人間模様を伺ったりするのも一つかもしれないです。
都心部から地方の温泉地へ就労にきて最初はお店の少なさや、交通の便に戸惑うかもしれませんがそこは、すぐに気持ちを切り替えて現地を楽しむような気持ちでいて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする